ETEC組込み技術者試験制度

スキルチェックミニテスト

【組込みソフトウェア技術者クラス2試験】スキルチェックミニテスト1

※ミニテスト2もあります。

■ 設問1〜10を読み、解答を選択し「採点する」をクリックしてください。

Q1. 次の(1)から(5)の説明は外部割り込みの動作手順を表すものであるが、適切な並びはどれか

(1)MPUのPC(プログラムカウンタ)に割込みに対応する割込み処理ルーチンの開始アドレスを設定する。
(2)実行中のプログラムの次の命令のアドレス等をスタックに退避させる。
(3)元のプログラムへ復帰する。
(4)周辺機能からの割込み処理要求信号を受け付ける。
(5)割込み処理ルーチンを実行する
Q2. タスクの状態が実行状態から実行可能状態に遷移する可能性があるものはどれか。
Q3. RTOSにおけるタスクのプリエンプションに関して、適切なものはどれか。
Q4. 主メモリを共有するマルチMPUシステムにおいて、主メモリ上の共有メモリの排他制御に用いられるものはどれか。
Q5. ソフトウェアの論理テストを行う場合のスタブの説明はどれか。
Q6. ソフトウェアの詳細設計におけるレビューの手法を述べたもののうち、正しいものはどれか。
Q7. ソフトウェアの詳細設計で使用するチャートのうち、状態遷移図はどれか
Q8. 可変長のメモリ・プールを使用して、メモリ・ブロックの獲得(get_mp1)と返却(rel_mp1)を繰り返した場合に発生しやすくなる現象はどれか。
Q9. C言語の変数について述べた説明のうち、関数内部で宣言した静的変数の説明はどれか。
Q10. PMBOK(ピンボック)の説明はどれか。

※この例題は実際の試験とは異なります。
模擬問題提供のご協力:(株)アイテック殿、CQ出版株式会社殿